小さなバンを自分で改造し当時としては非常に珍しかった「移動カフェ」としてスタートさせたのは2003年。

ある日商店街の方に声をかけて頂き、市街地アーケード中央のイベントホールでの営業をスタート。

恩返しの意味もあり、商店街に人が集まるよう大小様々なイベントを仕掛けながら、キッチン増設や2号車もスタート。

また、商店街に携わったことで、多様な人々の生活にカフェとしてどう関わることができるのかをより強く意識する店づくりを目指すようになる。

その後10余年を経て、北浦エリア唯一の映画館の下に固定店舗「café Jantique 3rd 」をオープン、現在に至る。

開業当初よりコーヒーのクオリティの向上には拘り、福岡におけるスペシャルティコーヒーの草分け『ハニー珈琲』様にご指導を仰ぎながら「心にしみるコーヒー」が提供できるよう日々、そして今後もずっと模索を続けます。